Biography

Isao Cato
 ドラマーとして2000年から活動。
 
 2010年にはキューバに渡り現地音楽に触れ、2013年にブラジルの音楽大学 SOUZA LIMA に奨学金を得て入学。同校のNúcleo Percussão SL ドラム科・パーカッション科を卒業。
 キューバ音楽、ブラジル音楽を中心とした中南米のリズム音楽を基にした演奏活動を展開。ドラム、パーカッションを分け隔てなく使う演奏スタイルで活動を展開。
 
 サンバチーム"JAPA Bloco"の打楽器総責任者を勤め、演奏家として幅広く活動を展開。またパーカッション、ドラム講座の講師も勤め打楽器普及活動も行っている。